MENU
WEB予約はこちら

入れ歯・ブリッジ治療

Medical

Caries入れ歯・ブリッジ治療

失ってしまった歯を補うために、入れ歯やブリッジ、インプラントという治療があります。
入れ歯には2種類あります。残っている歯があり、それを土台にする場合は部分入れ歯、すべての歯がない場合は総入れ歯となります。

部分入れ歯

部分入れ歯とは、なくなった歯の隣の歯に金属などのばねをひっかけて固定します。

  • メリット
    ・保険適用で治療費が抑えられます
    ・多くの場合で治療が可能です
  • デメリット
    ・金属のバネが目立ち、見た目が悪いです
    ・つけていると違和感があることが多いです
    ・取り外して管理する必要があります

総入れ歯

総入れ歯とは、歯が一本も残っていない場合に使います。プラスチックに人工歯がとめてあり、それを歯ぐきにつけます。

  • メリット
    ・保険適用で治療費が抑えられます
  • デメリット
    ・歯ぐきがやせるため、合わなくなると作り替えが必要です
    ・つけている違和感、話しにくさがあることが多いです
    ・入れ歯のすいつきが悪いとずれやすいです
    ・硬いものを噛むと、歯ぐきに痛みを感じることがあります
    ・味覚に影響する場合があります

ブリッチ

ブリッジとは、なくなった歯の両隣の歯を削って、そこに橋を渡すように人工の歯をかぶせてセメントで固定します。

  • メリット
    ・保険適用で治療費を抑えられます
    ・自分の歯に近い使用感で、違和感が少ないです
  • デメリット
    ・健康な歯を削る必要があります
    ・削った歯がむし歯や歯周病になるリスクが高まります
    ・支えとなる歯にかかる負担が大きくなります

保険外診療の入れ歯

保険外診療の入れ歯は、費用は高額になりますが見た目が自然で装着時の違和感を少なくすることができます。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

審美性に優れたこの入れ歯はバネを使用しません。入れ歯と気付かれにくいだけでなく、お口に隙間なくフィットさせる作りなので、ずれにくく、食べ物もしっかりと噛むことができます。
樹脂で作られており、薄く軽く弾力感があるため装着時の違和感が少ないことが特徴です。金属を使わないので金属アレルギーの心配はありません。

金属床

金属床

コバルトクロム、チタンなどの金属を使って入れ歯を作ることにより、合い具合がよく、長く使える入れ歯を作ることができます。また、金属を使うことにより、薄い入れ歯を作ることができ、食べ物の熱さや冷たさを感じることができます。